2013年09月08日

北・東日本は大雨突風注意=前線の影響続く―気象庁

北海道付近にある低気圧から延びる前線の影響で、5日午前は関東甲信や東海、北陸、東北で局地的に激しい雨が降った。気象庁は同日夜にかけて北・東日本の広い範囲で大気の不安定な状態が続くとして、大雨や落雷、竜巻などの突風に注意を呼び掛けている。 6日午前6時までの24時間予想雨量は関東甲信の多い所で150ミリ、東海120ミリ。これまでに大雨が降った地域では土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に警戒が必要。
posted by ミュウミュウ at 04:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする