2021年04月09日

モンクレール tシャツ 中古 福岡市、ワクチンは3パターン 高齢者に個別?集団?出張接種

バーバリー tシャツ クマ

 福岡市では高齢者用の新型コロナウイルスワクチンが9日に届き、一部の高齢者を対象に12日の週からワクチン接種が始まる。医療機関による個別接種は15日開始を見込んでおり、集団接種は24日など3日間で行われる。4月は供給が限られることから市は試行期間と位置付ける。本格運用が始まる5月とともに接種態勢をまとめた。



 4月中の市へのワクチン配分量は、1万800回分(5400人分)と固まった。9日はワクチン1箱(約千回分)が届き、その後毎週1?6箱ずつ送られ、計11箱が届く予定だ。



 接種方法は3パターン。個別接種は、市医師会が調整した各区20カ所、計140カ所の診療所に30人分ずつ配られる。被接種者は各診療所が選ぶ。接種の終わっていない医師や看護師の接種から始めるため、一般高齢者の接種は19日ごろから始まる見通しだ。



 集団接種は24、25、28日にマリンメッセ福岡B館(博多区)で民生委員や自治協議会長ら地域で活動ジバンシィ tシャツ 動する高齢者約千人を対象に実施。こちらは市が接種希望者を募るという。



 高齢者入所施設への出張接種も実施。市が調整する施設数カ所で入所者や介護従事者など約200人に接種を行うとしているが、日程はまだ決まっていない。



5月の大型連休明けから本格化



 高齢者への接種は5月の大型連休明けから本格化させる計画だ。接種の予約に必要な接種券を4月の下旬に対象者に送付し、3月9日に立ち上げたコールセンター「ワクチン接種専用ダイヤル」=092(260)8405=で予約を受け付ける。接種券が届くタイミングから予約を受け付けるという。



 個別接種する診療所を約700カ所に増やし、ワクチンを週に50人分ずつ配る。集団接種はB館で1日千人に接種。高齢者施設の出張接種も拡大し、平日、1日千人に接種することを計画している。



 高齢者接種は本格接種開始から2カ月間で終えるグッチ tシャツ レディース 、一般の接種開始時期は7月以降になりそうだ。市は一般接種では集団接種会場を各区の体育館や地域交流センターなど7カ所に増やし、ピーク時に個別接種と合わせて週に12?8万人が接種できると見込んでいる。



キャンセル待ち希望者リスト



 市は急なキャンセルでもワクチンを無駄にしないようにキャンセル待ち接種を行う。



 4月中に設置される医療機関サポートセンターは、市報や市のホームページでキャンセル待ち希望者を募ってリストを作成。個別接種を行う診療所の予約状況を把握、調整して希望者の速やかに接種につなげたいとしている。



 市はアナフィラキシーショックなど、接種後の副反応への態勢も整えている。あらかじめ副反応の処置に対応できる医療機関を把握し、救急搬送する救急隊と情報を共有。まだ、アナフィラキシーショックの治療に使うアドレナリンと酸素を希望する医療機関に配布するという。 (塩入雄一郎)

posted by ミュウミュウ at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: